スイッチ、ライト、EL これから買うならどのモデルが良い?

大人気家庭用ゲーム機Nintendo Switch(以下スイッチ)。

 

スイッチには「TVにつないで迫力のあるゲーム体験が可能な通常のスイッチ」と「コンパクトで携帯モードに特化したスイッチライト」が発売されています。

 

そして最新モデルの「スイッチ有機ELパネル搭載型」が10月8日に発売になります。有機ELモデルはテーブルモードに強みのあるスイッチです。

 

ネットの情報では「通常のスイッチを買えば間違いない」とは聞くけど入手困難で買いたくても買えない。

 

携帯専用のスイッチライトを買って後悔したら嫌だしなぁ…

スイッチ売ってたけど有機ELモデル発売まで待った方が良いのかな?

 

…等とお悩みの方もいらっしゃると思います。

 

結論からいえばTVでゲームを遊ぶ事が少ない人は、すぐにでもスイッチライトを買ってエンジョイしちゃいましょう。

 

悩んでいる時間がもったいないです。素晴らしいゲーム体験が待ってますよ。

 

どうしてもTVで遊びたいって場合はスイッチを買いましょう。スイッチ有機ELモデルを待つのもアリですが年内に買うのは争奪戦を勝ち抜くのが大変そうです。

 

本記事ではスイッチとライト、そして有機ELモデルを比較しどっちを選べば良いのか詳しくレポートします。

Nintendo Switch Joy-Con(L) ネオンブルー/(R) ネオンレッド [2019年8月モデル] ニンテンドースイッチ 本体 新型
created by Rinker

 

Nintendo Switch Lite ターコイズ
created by Rinker

 

うわさの新型スイッチ発表!気になる性能、発売日は?

 

スイッチ有機ELモデル10月8日発売

7月6日任天堂より新型スイッチの正式な発表がありました。

 

その名も任天堂スイッチ(有機ELモデル)、JOYコンカラーはホワイトかネオンブルー&ネオンで発売です。

 

発売日は10月8日、価格は37,980円です。

スイッチ・ELモデルの大きな特徴はこちら

 

①7インチ有機ELディスプレイ搭載

 

②テーブルモード時のスタンド角度調整が可能

 

③有線LANポートを搭載した新型ドック

 

④本体ストレージは2倍の64GB

 

⑤新型スピーカー搭載

 

現状ではこの5点がELモードの特徴ですね。

 

スイッチ有機ELモデルは全国のゲーム取扱店や通販サイトで9月24日より予約の受付開始。

 

今後の情報が入り次第お伝えしていきます。

 

 

今回の発表での私の所感としては新たに買い替える必要性はあまり感じませんでした。

 

というのも私はスイッチをTVで遊んでいてストレージは128GB増設、有線アダプタも購入済です。

 

加えて有機ELモデル専用ソフトの発表もなかったので定価で買えたら買うくらいの気持ちです。新製品なので欲しいは欲しいのですが(笑)

 

これから1台目のスイッチの購入を考えている方もTVでの遊びをメインに考えるなら有機ELモデルじゃなくても良さそうですね。定価で買えるのであれば有線LANポート標準搭載に加えてストレージが64GBなので検討の余地はあります。

 

携帯モードメインで考えるなら高価なスイッチELモデルか安価なスイッチライトの2択。映像美などのゲーム体験としての性能か、持ち運びやすさ軽さなどの携帯性等どちらを重視するかが選考のポイントです。

 

スイッチとELモデル、スイッチライトの大きさや重さの比較

スイッチとスイッチライトの比較

次にスイッチとスイッチライトのスペックの違いをみていきましょう。

公式ホームページにも掲載されている比較データです。

※大きさと重さ比較 任天堂公式HPより

性能比較表(横にスクロールします)

有機ELモデルスイッチスイッチライト
金額(税込み)37,980円32,978円21,978円
遊び方TV・携帯・テーブルTV・携帯・テーブル携帯
重さ420g398g(スマホ3台分)275g(スマホ2台分)
本体の大きさ102mm*242mm102mm*239mm91.1mm*208mm
本体の厚さ13.9mm13.9mm13.9mm
バッテリー持続時間4.5~9時間4.5~9時間3~7時間
画面サイズ有機EL(7インチ)大きい(6.2インチ)小さい(5.5インチ)
ゲーム全部遊べる全部遊べる一部遊べない
販売台数(2021年3月末・世界累計)6,630万台1,470万台

※スイッチライト発売以降の販売台数の比率はスイッチ7割、ライトが3割です。

 

 スイッチとスイッチライトの幅比較
スイッチとライト重ね合わせての比較

 

スイッチライトはスイッチと比較して約120g(スマホ1台分)も軽く持ちやすいデザインです。

 

本体サイズの合わせて画面も小さくなりますが、スマホよりは大きいので携帯ゲーム機としては許容範囲です。

 

コンパクトな大きさなので女性や小学生のお子様にはフィットするサイズだと思います。

スイッチライトはコンパクトで持ちやすい

 

一方のスイッチは一回り大きく重たいですがJOYコンを取り外して二人で遊ぶことが出来ます。

スイッチはコントローラーが外れる

スイッチはコントローラーが外れる2

コントローラーを取り外して遊ぶ事をおすそ分けプレーと言い、新たにコントローラーを追加して買わなくても二人で遊べます。

 

ですが、JOYコンそのものは小さめなので大人が遊ぶコントローラーとしては使い難いです。

 

一人で遊ぶ場合はグリップコントローラーにセッティングして使います。

 

JOYコンはLRを組み合わせて使える

JOYコンは大人には少し小さい

 

 

付属のコントローラーとしての使い勝手は悪くありませんが大人が使うには少し小さめで、耐久力に難があります。

 

その為、快適に遊ぶ場合は別売のPROコンが欲しいところです。

 

 

別売のPROコンは操作性が良い

MEMO

・スイッチライトは軽くて持ちやすい

 

・バッテリー持続時間はスイッチの方が長い

 

・画面はライトの方が小さい

 

・スイッチはJOYコンを分けて二人でおすそ分けプレーができる

 

・価格はスイッチライトが10,000円安い

スイッチライトを買った方が良い人

スイッチライトは寝ながら遊べる

スイッチライトは個人でゲームを楽しみたい人むけに出来ています。

 

ゲームはたまに遊ぶだけ、TVでゲームはあそばない人はスイッチライトで十分でしょう。

 

ライトの一番の特徴は本体がむちゃくちゃ軽い事。ソファーやベッドでゴロゴロしながら遊べちゃうんです。

スイッチライトは軽い

TVや動画をちら見しながらゲームで遊んで好きなタレントが出たらがっつりTVを見る…なんて使い方もできます。

 

またゲームでTVを使わせたくないご家庭にも本機は持って来いですね。

 

スイッチライトは”TVでゲームは遊べない”、”ゲームは自分専用”というポジションです。

 

同じ携帯ゲーム機のDSで発売された人気シリーズの続編はスイッチライトでも遊びやすくてオススメ。

DSからの人気シリーズ

「あつまれどうぶつの森」

「ポケモンソード/シールド」

「モンスターハンターライズ」

「ルーンファクトリー5」

どうぶつの森はスイッチライトで遊ぼう

モンハンライズもスイッチライトで遊ぼう

ルーンアファクトリー5もスイッチライトで楽しもう

 

ここまでの説明でイッチライトいいじゃん”と思ったらここから下は読まずにポチっても大丈夫です。

Nintendo Switch Lite ターコイズ
created by Rinker

 

TVで遊べる事のメリットって何?

ファミリーで遊ぶならスイッチ

ここからはスイッチにしか出来ない最大の特徴”TVでも遊べる事”のメリットについてお話しますね。

 

私はTVで遊ぶ事には大きく3つメリットがあると考えています。

①家族やお友達と一つのTV画面を囲んでマリオカートやマインクラフトを遊べる

 

②大きな画面でゲームを楽しむ事が出来る

 

③リングフィットアドベンチャーなどの特殊なゲームにも対応している

友達と一緒にゲームを楽しむ

昔ながらにひとつのTVを囲んで家族やお友達とゲームで遊ぶのはスイッチならではの体験。

 

息子がお友達とゲームで遊んでいる光景をみかけると、微笑ましい気持ちになります。

大画面モニターで遊ぶと没入感が高い

TVの大きな画面でゲームのド派手な演出を体感すると大人でも夢中になってのめり込んでしまいます。+

 

小さい字もはっきり読めるので老眼の私でも快適に楽しめます。

 

またTVでゲームを遊ぶと必然的にに画面と距離が出来るので目に優しいです。

リングフィットのような特殊なゲームはスイッチで

さらにリングフィットアドベンチャーなどのフィットネスゲームはTVで遊ぶ事を想定しています。

 

このようなフィットネスゲームはJOYコンを外してTVに映るキャラクターの動きを真似て直感的に操作するゲームです。

 

テーブルモードでも遊べない事は無いですが遊びにくいのでTVで遊ぶのが無難です。

フィットボクシングもスイッチで遊ぼう

 

以上がTVで遊べる事のメリットです。

 

スイッチの魅力を最大限にひき出したうえで、携帯ゲームとしても遊べるのがなによりの強みです。

スイッチのテーブルモードって何?どう使うの?

テーブルモードというには画像のようにスタンドを立ててスイッチ本体の液晶画面をTVに見立てて遊ぶモードです。

 

スイッチELモデルは液晶サイズが大きく、液晶そのものが発光するのでテーブルモードで遊ぶ際に色鮮やかで見やすくなっています。

 

ただし本体は重いので携帯モードであそぶには疲れてしまう事、TVで遊ぶなら液晶は関係ないというデメリットがあります。

 

その為、スイッチ有機ELモデルは三つのモデルのなかで一番使いどころの難しいスイッチです。

 

また発売当初は入手の難しさも容易に予想されるので、初めてスイッチを買うならノーマルのスイッチがベターかなと考えています。

 

スイッチとスイッチライトどっちを買うべき?それとも有機EL?

兄弟でスイッチを遊ぶ

家族でゲームを共有して楽しんだり、ゲームが大好きな人はノーマルのスイッチを買いましょう。

 

TVでゲームを遊ぶ場合はスイッチ一択です。有機ELモデルはTVで遊ぶ分にはほとんど恩恵がないでしょう。

 

テーブルモードでの遊びをメインに考えるなら有機ELはアリかなと思います。

 

携帯モードメインで遊ぶ人は有機ELかスイッチライトに絞られますが、画質や音響などのゲーム体験にこだわるなら有機ELモデル、重さやデザインなどの携帯性を重視するならライトでしょう。

 

金額的にも有機ELモデルは38,000円弱と携帯機として使うなら高額なのもネックですね。

 

私はTVで遊ぶなら通常のスイッチ、携帯して遊ぶならライトを推しています。新しいモデルが好きな人はELもアリですね。

Nintendo Switch Joy-Con(L) ネオンブルー/(R) ネオンレッド [2019年8月モデル] ニンテンドースイッチ 本体 新型
created by Rinker