【新型スイッチ】有機ELモデルは買う必要ない?旧型から買い替えて分かった事。

先日、新型スイッチ有機ELモデルを購入しました。

 

私はスイッチ2台(初期型)とスイッチライト2台持っているので今回の有機ELモデルは見送るつもりでした。

 

でも…やっぱり欲しいとなかなか諦めがつかなかったので色々調べてみる事に。

 

そこでわかったのはスイッチ本体は中古市場で1万円以上の高値が付いているという事。

 

有機ELモデルを買っても旧型スイッチを売れば購入費用を抑えてGETできると購入に踏み切りました。

スイッチ有機ELモデルの購入レポートです

 


有機ELモデルの感想としてまだ購入から1ヶ月足らずですがハッキリ言って”買い替えて良かった”の一言に尽きます。

 

この記事は有機ELモデルを従来機から買い替えて良かった事や使用感などについてレビューします。

任天堂スイッチ有機ELモデル本体 ホワイト
created by Rinker
任天堂スイッチ 有機ELモデル ネオンレッドブルー
created by Rinker

スイッチ有機ELモデルの良い点・悪い点

スイッチと有機ELモデルの違いについて

詳細な違いは任天堂公式サイトなどでも発表されているので、ここでは有機モデルを実際に使ってみて特に良かった点3つとちょっと残念と思った点2つを取り上げました。

 

良かった点

①有機ELディスプレイの搭載

②画面サイズが大幅アップ

③スピーカーの改善

 

 


私が使ってみて「有機ELモデルすげぇ」ってなったのはダントツで音です。音楽がクリアに聞こえてゲーム体験がむちゃくちゃ向上しています。

 

普段はTVでゲームをすることが多いのですが、音が良すぎて携帯モードで遊ぼうってレベルで違います。

 

それで携帯モードで遊ぶと有機ELモデルは画面の発色が鮮やかでサイズも大きくなっているからすっごい見やすい事を改めて実感します。

有機ELモデルは文字が大きく鮮やかになって読みやすい

私はRPGが好きなのですが従来機の携帯モードだと字が小さくて、テキストが少し見にくいんですが有機ELモデルだとハッキリ見えます。

 

TVで遊ぶ事が多かったスイッチですが有機ELを買ってからは携帯モードメインで遊んでしまう位に魅力的なゲーム機です。

 

有機ELモデルは遊んでいてすっごい良いんですが、一方でちょっと残念だったなと思うところもありました。

 

悪かった点

①ジョイコンの耐久性

②内部メモリーの少なさ

JOYコンは従来モデルと同じ。しかし常に改良しています。

有機ELモデルは携帯モードで遊びたくなるがゆえにジョイコンの耐久性にちょっと不安があります。

 

というのも有機ELのジョイコンは従来のスイッチと同じ物なので、携帯モードで使い続けた場合はやはり壊れやすいのではないかと思ってしまいます。

 

この点について任天堂は公式で周辺機器などのコントローラーは改善を加えている旨の発表をしているので、ユーザーとしては壊れないように大切に扱うしか対策は無いですね。

 

Joy-Conにはさまざまな機能があり、それぞれは必ずしも目に見える改良とは限らないのですが、
中でもアナログスティックは発売以降、部品を継続的に改良していって、現在も改良に取り組み続けています。

引用元:任天堂公式HP”開発者に訊きました”より

二つ目の残念な点は内部メモリーの少なさですね。

 

有機ELモデルの容量は64GBと従来機と比較すれば2倍に増えていますがそれでもまだ少ないと思います。

 

スイッチで撮影した動画や画像をSNSに投稿するのも現代のゲームの楽しみ方の一つですよね。

 

ゲーム動画の投稿も楽しみの一つ

上手くいったプレイを録画した動画やおもしろ画像を保存するのも容量を消費します。

 

そして有機ELモデルは思わず持ち運んで遊びたくなる魅力があります。

 

そうなってくるとゲームをダウンロード版で購入した方が遊びやすいので64GBでは少し物足りないかなと思いました。

 

今はSDカードも比較的安価で1,000円弱でメモリの増設は出来ますが個人的には標準で128GBは欲しかったですね。

 

以上が3つの満足な点と2つの残念な所でした。不満点はあるもののトータル的に考えればむちゃくちゃ良いゲーム機だと思います。

スイッチ有機ELモデルをおススメな人・おススメ出来ない人

デザインがエモい有機ELモデルの新型ドック

有機ELモデルはTVでゲームを楽しむタイプの人も、ついつい携帯モードで遊びたくなるような魅力にあふれています。

 

なので、携帯モードでは遊ばないから有機ELは必要ないと敬遠していた人にこそ私はおすすめしちゃいます。

 

パッと見のデザインもかっこよく洗練されていて白色のドックとジョイコンがめちゃくちゃエモくて最高です。

 

買い替え需要だけでなく、これから初めてのスイッチを買おうって人も有機ELモデルを買っておけば間違いはないです。

 

オンライン対戦ゲームは通常のスイッチと同じ

 

一方でスプラトゥーン2やフォートナイトなどのオンライン対戦ゲームしか遊ばない人にはメリットが少ないです。

 

対戦型のオンラインゲームは、ネットに有線接続してモニターで遊ぶ事が多いので有機ELの良さは伝わらないと思います。

フィットネスゲームも有機ELならではの良さは活かせない

 

他にもリングフィットアドベンチャーやフィットボクシングなどのフィットネスゲームがメインの方も有機ELの必要性は薄いです。

 

現状、オンライン対戦やフィットネスゲームを主に楽しんでいる場合はあえて買い替える必要はないと思います。

 

旧型スイッチから買い替えたら出費はいくら?性能はどれだけ違う?

 

私はGEOで旧型のスイッチを17,000円で売って定価(37,980円)で有機ELモデルに買い替えたので実質的な出費は20,980円でした。

 

これは新品のスイッチライトを買うのとほぼ同じ値段なのでお得感ありました。

買い替えを行う場合は新しいスイッチを購入後データ移行をしてから売却しましょう。データ移行後に売却するスイッチの初期化は絶対に忘れないで下さい。

旧型を売却しての買い替えならお手頃価格に

 

今はまだ旧型のスイッチも高値で買い取ってくれるので、早い段階で下取りに出して有機ELに買い替えるのは全然ありです。

 

初期型から有機ELモデルではこんなにも性能が違います。

初期型スイッチスイッチ有機EL
画面サイズ6.2インチ7インチ・色鮮やか
スピーカー開放型密閉型
ジョイコンレールぐらつく安定感あり
バッテリー2.5~6.5時間4.5~9.0時間

新型スイッチはスピーカーの背面側を密閉させることで音質や音圧を上げられる密閉型スピーカーを採用しています。

有機ELと従来のスイッチのスピーカーの違い

ジョイコンレールとはジョイコンを設置する本体側面についたレールです。従来型よりしっかりと取り付けられるので携帯モードで遊んだ時にぐらつきが少なく安定します。

 

ハッキリ言って携帯ゲーム機としては最高水準の性能ですよね。スイッチ有機ELモデルで最高のゲーム体験しませんか。

 

2022年・スイッチは入手困難になる?

世界的に深刻な半導体不足の影響で今後のスイッチは入手困難になる可能性が高いようですね。スイッチの今後について古川社長はこんな発言をしています。

 

ブラックフライデー後は需要に対して十分に供給できたとは言えない」とし、年始以降については「需要次第だが、懸念していた通り、作りたいだけの数を作れないという影響が出てくる」との見方を示した。

 

年末は店頭でも購入ができたスイッチですが今後は買いたくても買えない可能性が出てきそうですね。

2022年はゲーム総選挙1位のゼルダの続編やカービィ新作、モンハンライズ追加コンテンツにスプラ3、ドラクエ10オフラインなど期待のゲームが目白押しです。

 

いまなら定価で販売されていますし、入手困難に陥る前には買っておきたいですね。

任天堂スイッチ有機ELモデル本体 ホワイト
created by Rinker
任天堂スイッチ 有機ELモデル ネオンレッドブルー
created by Rinker