スイッチ・プロコン壊れたので分解修理したけど直らなかった

スイッチ購入から1年半がすぎました。

 

その間にいくつかのプロコンを購入しました。

 

プロコンのトラブルで左スティックの効きが急に悪くなる不具合ですよね。

 

私も最初に買ったプロコンは半年くらいで故障しました。

スティックがめり込んでしまう不具合が発生

 

プロコンで遊んでいる最中にスティックがめり込んでコントロールしにくくなりました。

 

「ゲーム中熱くなってコントローラーをたたいたりスティックを強く押し込み過ぎる」とこの症状がでます。

 

そこで保証期間も過ぎているのでロストしても良いと言う気持ちで分解しました。

 

1.プロコンの分解方法・手順(画像付き)

 

まず左右のコントローラーの先端にあるネジを外します。ネジ山が小さいので外すには精密ドライバーが必要です。

f:id:yonjyoudansi:20181023160619j:plain

 

プロコン先端にある二つのネジを外しますそこを外してからはバッテリーを覆っているカバーを外します。

 

f:id:yonjyoudansi:20181023160608j:plain

 

銀色のネジで4か所固定していますバッテリーカバーを外したらバッテリーを取って黒いネジを外します。

※特にバッテリ裏にあるネジは見つけにくいので注意が必要です。

 

f:id:yonjyoudansi:20181023160559j:plain

 

バッテリーを外して5か所ネジを外しますここまで外すとプロコンを開ける事が出来ます。

 

f:id:yonjyoudansi:20181023160542j:plain

 

全部で11ヶ所のネジを外します。ネジの大きさが違うので注意しましょう。

2.故障の原因追及

 

f:id:yonjyoudansi:20181023160551j:plain

 

プロコンを分解したら、カチャカチャと音がして何かの破片が落っこちてきました…

 

いやな予感がしますね(笑)

 

最初は何か分からなかったのですが、これはスティックを固定する部品でした。

 

これが壊れているとスティックがめり込んでしまいます。

 

つまり修復は不可能という事が早くも判明しました。

 

白い粉による反応が鈍くなる不具合は清掃で直ると思いますが、部品が割れているのでちょっと無理そうです。

 

接着剤でくっつけて何とかなる故障ではありませんでした。

保障期間ならすぐに修理に出そう

 

以前も保証期間中にプロコンを叩いてしまいスティックがめり込む不具合がありました。

 

修理に出したら新品と交換してもらえました。

 

保証期間中なら修理に出すのが良いと思います。

 

保証期間が過ぎていた場合でも自分で直すのは難しいので修理に出すのが良いと思います。

 

白い粉をふき取るだけなら分解しても良いと思います。

 

公式サイトによるとプロコンを有償で修理する場合は4,212円と表記されています。

 

新品を買うよりは安いですが修理に出すのは意外に手間がかかります。

 

2019年に買ったプロコンは不具合は起きていないので、思い切って新品を買い替えるのもアリです。

 

Nintendo Switch Proコントローラー
created by Rinker