【徹底比較】これで決まり!スイッチ用のおすすめSDカード厳選3タイプ

ダウンロード購入しようとしたら容量がいっぱい…SDカードが欲しいけど、たくさんあってよくわからない…
スイッチ用SDカードは256GBあると十分ですが、まだ少し高額です。SDカードも種類が豊富なのでおススメをいくつかご紹介します。

米田

 

私は最初32GBのSDカードを使っていましたが、便利なダウンロード版をたくさん購入していたら半年で不足しました。

 

今は買い替えて128GBのSDカードをつかっています。

 

ゲームの購入頻度によって必要な容量は変わってきますがおおよその目安は下記のとおりです。

必要容量の目安

ダウンロード版は1~3本→16~32GB

 

ダウンロード版は10本前後→32~128GB

 

15本以上ダウンロード版で購入したい→128~512GB

 

スポンサーリンク

スイッチのデータの種類

SDカードの紹介の前にスイッチのデータの説明をさせていただきます。

 

スイッチのデータは「セーブデータ」と「ソフトデータ」に分かれます。

 

セーブデータとはゲームの進行を記録したデータで本体に保存されます。

 

ニンテンドーオンラインサービスに加入していると一部ソフトを除きセーブデータはクラウド保存されます。

 

ソフトデータとはゲームの内容のデータです。パッケージ版ではゲームカードのデータになります。

 

ダウンロードソフトを購入した場合やゲームのアップデートが行われた場合、SDカードが本体に挿入されている場合はSDカードに保存されます。

 

本体にSDカードが無い場合は本体に保存されます。

本体 SDカード
セーブデータ 保存 保存できない
ソフトデータ 保存 優先的に保存される
画像・動画 保存 優先的に保存される

 

セーブデータとソフトデータは別なのね。
はい、SDカードに保存されるのはダウンロードしたソフトデータと撮影した画像や動画のデータです。

米田

 

これだとゲームはパッケージ版を買うからSDカードはいらないと思う方もいると思います。

 

しかしパッケージ版のゲームでもアップデートが行われると容量を消費します。

 

スイッチ本体の容量は32GBしかない為、最初はSDカードはいらないと思っていても後から必要になるケースがあります。

ゲーム一本当たりの必要容量

スイッチ本体の容量は32GBですが本体の更新とセーブデータの保存で10GBくらいは消費してしまいます。

 

実質20GBくらいまでがダウンロードソフトを保存する空き容量になります。

 

空き容量は本体の「設定」から「データ管理」で確認ができます。

以下は代表的なゲームの必要な容量です。

 

ゲーム名が赤い字で表記されているゲームはダウンロード版をお勧めしています。

必要容量
マリオカート8DX 6.8GB
ポケットモンスター・ソード/シールド 9.5GB
スプラトゥーン2 6.1GB
大乱闘スマッシュブラザーズSP 15.4GB
ドラゴンクエスト11S 13.5GB
テトリス99 1.1GB
ゼルダの伝説・ブレスオブザワイルド 14.4GB
ゼルダの伝説・夢を見る島 5.8GB
スーパーマリオメーカー2 2.9GB
スーパーマリオパーティ 2.8GB
ファイアーエムブレム・風花雪月 11.3GB
ドラゴンクエストビルダーズ2 1.7GB
妖怪ウォッチ4 5.7GB
モンスターハンターXX 9.8GB
フォートナイト 7.7GB
マインクラフト 0.9GB
動画(30秒) 0.1GB
画像(25枚) 0.1GB

マリオカートとスプラトゥーン2、スマブラSPとフォートナイトをダウンロード購入すると全部で36GB必要になります。

 

ダウンロード版を5本以上購入する予定の方は最低64GB、できれば128GBは欲しいところですね。

必要容量の目安

ダウンロード版は1~3本→16~32GB

 

ダウンロード版が10本前後→32~128GB

 

15本以上をダウンロード版で購入したい→128~512GB

 

長く遊ぶゲームはダウンロード版で買うと利便性があがるのでおススメです。

米田

SDカードの種類

 

色々なメーカーからSDカードが発売されていますがどのメーカーを選ぶか迷いますよね。

 

任天堂は転送速度の速いSDカードを推奨しています。

 

スイッチ推奨のSDカード
・UHS-I(Ultra High Speed Phase I)対応

 

・読み込み速度 60~95MB/秒

引用:https://www.nintendo.co.jp/support/switch/data_management/microsdcard/index.html

 

この2つの条件を満たさないSDカードはネットショップなどで安価で購入できますがSDカードの利便性を失うことになかねません。

 

具体的には読み込み速度が遅かったり、データ破損を起こす可能性があります。

 

ソフトデータが破損しても再ダウンロード出来ますが、無駄に時間がかかり再度データ破損する可能性もあるので安心して扱えません。

 

これではダウンロード版で購入するメリットを捨てているようなものです。

 

私がおすすめするメーカーを3社ご紹介します。

Team

Team社は日本では知られたメーカーではありませんがSDカードを含め様々なメモリ商品をつくる台湾の老舗のメーカーです。

 

お求めやすい価格で商品を提供しています。

 

メーカーの知名度や性能にこだわりがない方なら128GBのSDカードを購入してもコスパを出せると思います。

【メール便速達配送対応】 microSDHC 32GBClass10 SD変換アダプタ付き【Teamジャパン】 TG032GOMC28Aスマホ・ドライブレコーダー・カメラなどで使えますNintendo Switch / New3DS / New3DS LL 対応 【土日祝日出荷対応】【メーカー10年保証】

価格:740円
(2019/12/1 01:29時点)
感想(2件)


Team MicroSD SDXC 128GB 型番 TUSDX128GUHS03 UHS-1 Class10 SDカード変換アダプタ付き 10年保証

価格:1,799円
(2019/12/1 00:53時点)
感想(5件)

HORI

周辺機器を開発してる大手メーカーで任天堂の公認ライセンス付きの商品を多く発売しています。

 

商品名に「for Nintendo Switch」と付いているだけあって任天堂の公認商品です。

 

公認ライセンスが付いているので安心感はありますが商品価格が高いのであまりお勧めできません。

 

どうしても公認ライセンスがないと嫌だという方に向けた商品です。

HORI ホリ マイクロSDカード 32GB for Nintendo Switch【Switch】

価格:3,014円
(2019/12/1 00:26時点)
感想(1件)

【Nintendo Switch】マイクロSDカード 128GB for Nintendo Switch ホリ [NSW-075 マイクロSD128GB NSW]

価格:11,280円
(2019/12/1 00:27時点)
感想(1件)

サムスン

韓国の有名メーカーで聞いたことのある方もいると思います。

 

SDカードでは世界でもトップシェアを誇り製品の安定性にも定評があります。

 

HORIの製品と共に任天堂のオンラインショップでも販売されているスイッチ推奨の製品です。

 

私もサムスン社の128GBのSDカードを1年以上使用していますが故障などのトラブルは一度もありません。

 

お求めやすい価格で安心感もある私の最も推しているメーカーです。

 

11月30日(土)23:59迄!ポイント最大10倍● microSDカード 32GB Samsung EVO Plus Class10 UHS-I対応 microSDHCカード 32gb 最大読出速度95MB/s 海外パッケージ品 ◆メール便送料無料

価格:789円
(2019/12/1 01:27時点)
感想(1件)


\ダイヤモンド会員10倍・ゴールド会員5倍・シルバー会員2倍/ マイクロsdカード microSDXCカード 128GB マイクロSD Samsung サムスン EVO Plus Class10 UHS-1 U3 R:100MB/s W:90MB/s 4K 海外リテール ◆メール便送料無料 Nintendo Switch用推奨

価格:1,999円
(2019/12/1 01:21時点)
感想(48件)

各社のSDカード(128GB)の性能を比較してみましょう。

※下表は横にスライドできます

サムスン HORI Team
UHS-I対応(安定性) UHS-1 U3対応(最低30MB/秒) UHS-1対応(最低10MB/秒) UHS-1対応(最低10MB/秒)
最大読み込み速度 100MB/秒 80MB/秒 100MB/秒
任天堂公認ライセンス なし(推奨) あり なし
価格 1,999円 11,280円 1,799円
おすすめ度 ★★★★★ ★★☆☆☆ ★★★☆☆

こうして比較するとサムスン製が良いわね
もう少し金額を抑えたい場合はTeam製を選ぶよりサムスンの64GBを購入することをお勧めします。

米田