【給料公開】転職4回で年収〇〇〇万円!?Fラン大卒無能アラフォーの給与明細

「転職回数が多いと年収が落ちるって本当?」

私が大学を卒業した20数年前は「転職をするなら25歳まで」「転職は1回まで」など転職には否定的な風潮でした。

ですが私は当時としては珍しく転職回数4回と5つの企業を渡り歩き、昨年(2018年)の年収はこんな感じです。

630万が年収でそこから社保などが控除された450万が手取りになります。

40代の平均年収が450万くらいなので平均年収よりはもらっていますが高給取りというには少し物足りない数字ですね。

しかしFラン卒の大した取り柄のない人間がここまで稼げたのだから自分では満足しています。

月収だとこれくらいです。

個人的な経験では転職回数が多いからと言って年収が悪くなるという事ありません。

やり方次第では私のようにFラン卒の無能でも収入アップは可能です。

ここでは無能でも年収を上げるための戦略をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

人のやりたがらない仕事を選ぶ

 

能力がない人はこれが金を稼ぐ手っ取り早い方法です。

世間体が悪かったり危険だったり汚い仕事は意外に給料を出してくれます。

今でも建設業界や外食産業はあまり人気がありませんが就職しやすく下手に派遣をやるよりもお金は稼げると思います。

私の職務経歴と各職場での大体の年収を公表していきます。

職務経歴書

おおまかな就職期間と最終的な年収と当時の思い出などをお伝えします。

ベンチャー系の小売業

大卒で新卒で入社した会社です。大体3年くらいお世話になって最終的に年収は350万くらいでした。

高給ではありませんでしたが「頑張ればだれでも出世できる」という社畜臭あふれる香ばしさに惹かれて入社。

それ以前にバブル崩壊で他に就職できなかったというのもあります。

ここは管理者養成学校というクソみたいな外部研修とそれに類似した社内研修も頻繁に行われ、幹部社員に嫌われると鉄拳制裁という風潮も恐ろしかったです。

謳い文句通りガムシャラに働いて異例の2年で副店長昇格、たしかに出世はできましたが激務のわりに年収は上がらず3年目で退職しました。

ブラック系コピー機営業

クソオブクソのブラック企業。

1年勤めて退社、年収は450万円くらい。

営業で人間力を高めるという謎の志を抱いて入社。都内に寮を完備していたのも決め手でした。

しかし実態はヤンキー幹部が会社を取り仕切る地獄の営業会社で現在は全国規模の企業に成長していました。

パワハラ…端的に言うと暴力と暴言が飛び交うバイオレンスな日々。

昼休みには向かいにあるライバル会社の営業と道路を挟んでメンチの切りあい。

部下に金の無心をする上司などこの世の地獄が詰まっている企業でしたが今となっては良い思い出です。

私は当時、爆発的な人気を誇っていたパチスロ「獣王」を毎日遊びたいという理由で退職しました。

 

パチンコ店

5~6年くらい勤めて最終年収は500万弱でした。

パチスロやりたさに会社を辞めたので住むところがなく3か月くらい友人宅と車で寝泊まりしていました(笑)

だんだん貯金もなくなってきたので就職を考えたときにパチンコ屋の求人が目につきました。

一般的にパチ屋の店員は世間体が悪いので敬遠されがちですが、企業としては安定感もあって福利厚生も抜群

従業員も客も怠け者が多くギャンブル狂も多いので一生働くのはお勧めできませんが一時の小銭稼ぎには良いと思います。

 

飲食店

パチンコ屋は出世するほど上のポストがあかないので30過ぎてキリの良いとこで転職。

50歳過ぎてホールで玉運びする自分の未来はキツいなと思いました。

その後大手飲食店で8年勤めて最終的に500万超えるくらい。

チェーン店の一部上場企業です。

飲食店はなぜか客に下に見られるのが癪ですが、間口は広いのにソコソコ給料が良く20代でも複数の店舗を兼任する店長は600万は稼いでいたと思います。

仕事は好きだったし稼ぎも悪くなかったので独身だったら一生続けても良いかなと思ってました。

ただ現在の職場から声がかかった事と結婚を考えていた事もあって退職しました。

 

建設業内勤

とある酒の席で飲食店で責任者していますって話をしたら、こっちで働かないかって誘われて入社。

6年くらい勤務して昨年が630万円。

業界の事はもちろん総務、財務の知識は0の状態から始めましたが勉強してなんとかやってきました。

元請けや職人さんは気難しい人が多くコミュニケーションが大変ですが、ほぼ定時で帰れるホワイト企業です。

自分で選んできたとはいえ、今まで大変な職場で頑張った甲斐があったなと思いました。

転職時に心がけたこと

世間体とかは考えず誰でも出来そうで年収の高いところを選びました。

特に転職時は前職の年収を考慮される事が多いので、同じ業界でも年収の高い職場を積極的に狙っていきました。

そうする事で転職時の年収交渉がわりと優位に進められます。

入社してからは謙虚にやってれば大体なんとかなりました。

今のねらい目は建設業で今後も人手不足が続くと予想されているので好待遇で入社できそうです。

飲食やパチ屋も誰でも出来そうで出来ない人が多い仕事ですが専門知識はいらないという点で間口は広いです。

ただし飲食は薄給ブラックも多いと聞くのでしっかりとリサーチする必要はあります。

人のやりたがらない仕事の中にも面白みはあるので収入に不満があったら思い切って転職するのも良いと思います。