【鬼滅の刃】柱全員紹介・柱になる為の条件など鬼殺隊の秘密を徹底解説

鬼殺隊を支える最強の剣士9人の柱

鬼殺隊は当主・産屋敷が率いて鬼舞辻無惨を倒すために活動している政府非公認組織です。

中でも最強と呼ばれる「柱」について公式で明らかになっている情報と私の考察をまとめてみました。

※本誌基準で更新しているのでネタバレにご注意下さい。

 

スポンサーリンク

鬼殺隊の階級
10段階評価で構成されています。

「甲乙丙丁戊己庚辛壬癸」(甲が高く癸が低い)

※鬼滅の刃2巻収録されている第8話「兄ちゃん」の回で産屋敷の息子から「(鬼殺隊の)階級は十段階ございます」と説明があります。

作中で柱は鬼殺隊で最も位の高い9名の剣士であると言及されており屈指の強さを誇っています。

柱になるまでにおおよそで5年かかります。

柱を引退した後に「育(そだて)」という鬼殺隊の入隊希望者を指導する役につく者もいます。
炭治郎や善逸の育(そだて)は元柱です。

柱になる条件は二つ

条件1.「甲の位である」
条件2.「十二鬼月を倒す」又は「鬼を50体倒す」

柱合会議とは

産屋敷と柱達は半年に一度、鬼殺隊本部に集まって柱合会議を行っています。

会議では鬼舞辻に関する情報の共有や鬼殺隊の活動の方向性を決めていて、原作では数回会議が開催されています。

産屋敷耀哉は病魔の進行により会議にでられなくなります。

鬼殺隊柱全メンバー強さランキング

第9位 蟲柱・胡蝶しのぶ(死亡)

f:id:yonjyoudansi:20190129082117j:plain

毒殺でおなじみの胡蝶しのぶが第9位です。

柱では珍しい女性の隊士です。

小柄な体格を活かした圧倒的なスピードからの鋭い突き技を放ちます。

非力な為、柱の中では唯一鬼の頸を斬ることが出来ませんが薬学に明るく、調合した毒を刃に塗り付けて鬼を毒殺します。

鞘に刀を仕舞うたびに毒の調合を変えることが出来ます。

炭治郎たちは激しい戦いの後は胡蝶の屋敷で療養しています。

屋敷には継子のカナヲや非戦闘員であるアオイ達と一緒に暮らしています。

鬼殺隊入隊の動機
鬼に両親を殺された為、姉カナエと鬼殺隊に入隊します。

これ以上、鬼の被害を増やさない事を誓って活動しますがカナエも鬼の手によって命を失います。

両親と姉を鬼に殺されて復讐がしのぶの生きる活力になります。

f:id:yonjyoudansi:20190731172700j:plain

無限城での戦い
無限城でカナエの仇・童磨に遭遇します。しのぶは童磨に力及ばずその手で復讐を果たす事なく散っていきます。

しかし、しのぶにとって自らの敗北は想定内の出来事でした。

童磨に食される事は覚悟の上で自身の体に藤の花の毒を仕込んでいました。

毒によって弱った童磨の頸を後から駆け付けたカナヲが切り落とします。

そして地獄に落ち行く童磨に「とっととくたばれ糞野郎」と言葉を残して家族のもとに旅立ちます。

f:id:yonjyoudansi:20190731172647j:plain

カナヲを継子として受け入れたエピソードは番外編で描かれています。

第8位 音柱・宇髄天元(現役引退)


第8位の天元は元忍びで3人の妻をもつイケメン隊士です。

口癖は「ド派手」で戦闘の際には命に優先順位をつけています。

優先順位は「3人の妻」「地味な一般人」「自分」としています。

柱合会議の時に柱達は(鬼の禰津子を連れている)炭治郎に対して「殺すべき」と無慈悲な発言をしていました。

上弦の陸に対し天元は「炭治郎たちは優秀な継子」と認める発言をしています。

入隊の動機
天元は忍び時代に「部下は駒・妻は後継ぎを産む為なら死んでも良い」という教えに悩んでいました。
葛藤を抱えていましたが産屋敷との出会いで救われたと回想しています。
この出会いが天元を鬼殺隊へと導きました。

f:id:yonjyoudansi:20180307081038j:plain

上弦との戦い
遊郭で行方知れずになった3人の妻の安否確認の為に炭治郎たちを率いて調査へ向かいます。

恵まれた体格と超スピードの持ち主で2本の日輪刀と火薬玉を使っての爆炎攻撃を行います。

遊郭にて上弦を討ち取った後に柱を引退します。

引退後は柱稽古と呼ばれる鬼殺隊隊士の合同訓練で基礎体力向上のための指導者を務めています。

第7位 蛇柱・伊黒小芭内

f:id:yonjyoudansi:20180211223511j:plain

第7位の選考は難しかったですが戦闘描写の少ない伊黒です。

伊黒は常に体に蛇を巻き付けており鬼殺隊の隊員に対して厳しい態度をとっています。

柱である天元に対しても上弦の陸を討伐直後に「陸ごときに苦戦してどうする?」などと厳しい物言いをします。

煉獄杏寿郎の強さを認めていて彼の死をなかなか受け入れられません。

天元に「煉獄の死んだ穴」ではなく「煉獄の抜けた穴」と話しているので本当は心優しい柱だと思います。

甘露寺との関係
蜜璃からはネチネチした性格(で素敵)と思われていて文通するほど仲が良いです。

伊黒が(蜜璃に)想いを寄せている様子もみられ炭治郎にヤキモチを焼く一場面もあります。

柱合会議の一件以来、炭治郎の事を嫌っていますが蜜璃と仲良くしている事を知ると炭治郎嫌いに拍車がかかりました(笑)

無限城での戦い

産屋敷が殺されると鳴目の血鬼術で隊員たちは無限城に引き込まれます。

井黒は甘露寺と共に行動し鳴目と会敵します。

第6位 炎柱・煉獄杏寿郎(死亡)

f:id:yonjyoudansi:20180307081023j:plain

第6位は炭治郎たちのの兄貴分の煉獄杏寿郎です。

生きていれば鬼殺隊でも1,2を争う強さに成長したと思います。

幼い頃から父と弟の3人で鬼殺隊隊士として精進していました。

父も元柱ですがある時から日の剣士との才能の違いに嘆き飲んだくれに転落します。

母親は気丈だけど体が弱く病気で早くに亡くしてしまいます。

そんな母の愛情を受けて育った杏寿郎は豪快で面倒見が良く信望も厚い柱になりました。

f:id:yonjyoudansi:20180211174925j:plain

猗窩座との戦い

炭治郎たちと共に夢列車で下弦の壱・煙霧を討伐を果たすのも束の間、上弦の参「猗窩座」の強襲を受けます。

猗窩座に強さを認められ「鬼にならないか」と勧誘を受ける杏寿郎ですが誘いを断ります。

人間としての強さ、終わりある美しさ」杏寿郎は矜持をかけた激しい戦いでその命を散らします。

第5位 恋柱・甘露寺蜜璃(痣の発現者)

f:id:yonjyoudansi:20181019172709j:plain

鬼殺隊で真ん中くらいの強さの甘露寺蜜璃。

可愛らしい見た目に反して人間8人分の筋力を有する特殊体質の持ち主です。

食欲旺盛で髪色は桜色と緑色のツートーンカラー。原因は桜餅を食べ過ぎたからです(笑)

元々は杏寿郎の継子でしたが炎の呼吸を使おうとしても上手く出来ず恋の呼吸を編み出しました。

鬼殺隊入隊の動機
蜜璃の「大食い」と「怪力」が周囲の人間たちに知られると皆から気味悪がられ、自分の存在に疑問を感じます。

その後、産屋敷と出会い「特別な才能」と認められると蜜璃は今の自分を受け入れるようになります。

その後、自分を守ってくれる強い男性(=柱)と出会うために鬼殺隊に入隊し「柱にならなければ柱に会うことがなかなか出来ない」という理由で恋柱まで上り詰めます。


f:id:yonjyoudansi:20181019174524j:plain

刀鍛冶の里での戦い
刀鍛冶の里で憎珀天と夜通し戦い続け半天狗討伐に大きく貢献します。

憎珀天との戦闘中に蜜璃の身体に鬼の紋様に似た痣が出現します。この痣はかつて鬼舞辻を追い詰めたはじまりの呼吸の剣士たちにも出現していたといいます。

第4位 霞柱・時透無一郎(痣の発現者・死亡)

f:id:yonjyoudansi:20180528101927j:plain

柱の中でもっとも若い無一郎が堂々の第4位。

日の剣士の末裔で鬼殺隊のエリート家系。

天才ゆえに凡人を悪意なく見下し発言は辛らつで振る舞いは手厳しいです。

そのせいで無一郎の連れているカラスは非常に高飛車です。

5年はかかると言われている柱に「刀を握って2か月」で到達しました。

f:id:yonjyoudansi:20180528101917j:plain
入隊の動機
両親を10歳のころに亡くし双子の兄と一緒につつましく過ごします。ある日、産屋敷の妻あまねが二人の元を訪れて鬼殺隊に勧誘しますが有一郎が断ってしまいます。11歳の時に有一郎が鬼に殺されると無一郎は激高し鬼を倒します。その時に無一郎は大きな怪我を負い記憶を失くします。その時に再度、勧誘にきていたあまねに発見され介抱を受けたのち鬼殺隊に入隊しました。
f:id:yonjyoudansi:20181019182135j:plain
刀鍛冶の里での戦いとその後

からくり人形のうわさを聞いた無一郎は刀鍛冶の里へやってきます。

記憶がなく本来の力を発揮できない中でも、修行用絡繰人形「緑壱零式」を簡単に撃破します。

その後に襲撃してきた上弦の伍・玉壺との戦いで無一郎は苦戦を強いられます。

玉壺の血鬼術により水中に閉じ込められ絶体絶命のピンチに陥りますが、兄・有一郎が言い残した無一郎の「無」は無限の「無」という言葉が脳裏をよぎります。

そして兄が無一郎に辛く接していたのは自分を危険な目に合わせない為だった事を思い出します。

記憶を取り戻し本来の力を発揮した無一郎は玉壺を圧倒し簡単に倒してしまいます。

その後、無限城では行冥と共に行動します。

 

第3位 風柱・不死川実弥(痣の発現者)

f:id:yonjyoudansi:20190826222850j:plain

ランキング3位は全身に傷を負った風体で気が短く好戦的な実弥。

炭治郎と同期の玄也は実弥の弟です。

普段は乱暴な話し方をしますがお館様の前ではしっかりとした言葉で喋ります。

柱合裁判では産屋敷が来る前に禰津子の始末を画策し、妨害した炭治郎をボコボコに打ちのめしました。

稀血の持ち主で実弥の血を近づけると鬼は酩酊します。

f:id:yonjyoudansi:20190731171628j:plain

玄也との関係

実弥の母親は鬼に変えられ玄弥を除く兄弟たちが母親に殺されていました。

実弥は玄弥を守るために鬼と化した母親を殺めました。

しかし玄弥は母が死んだことを受け入れることが出来ず思わず兄を責めてしまいます。

 

玄弥はこの事が原因で兄と不仲になったと思っています。ですが実弥は玄弥に普通の人間として幸せに暮らしてほしいと願っていました。

そのため、鬼殺隊に入隊したことをすごく怒っていたのです。

第2位 水柱・冨岡義勇(痣の発現者)

f:id:yonjyoudansi:20190826215119j:plain

第2位は柱の嫌われ者()の富岡義勇、シリアス風の天然で私は大好きです。

炭治郎を育手に紹介し鬼殺隊で最初に禰津子を隊員と認めた柱です。

本来10の型までしかない水の呼吸ですが義勇は11の型「凪」を編み出しました。

もし禰津子が人を食べた時は腹を切る覚悟で炭治郎たちを庇っています。

口数が少ない為に誤解を受けやすく、胡蝶曰く「みんなからは嫌われている」との事だが本人に自覚はありません。

f:id:yonjyoudansi:20180211224100j:plain

鬼殺隊入隊の動機
幼き頃に結婚前夜の姉を鬼に殺された事がきっかけで鬼殺隊を目指します。

鱗滝の修業を受けて鬼殺隊選別試験の望みますがその際に共に修業した錆兎を殺されています。

選別試験の際、鬼を一体も倒せなかった自分が鬼殺隊の柱である事に疑問を抱いていて他の柱たちとも距離を置いています。

第一位 岩柱・悲鳴嶼行冥(痣の発現者)

f:id:yonjyoudansi:20190826222859j:plain

斧と鉄球で構成された日輪刀の使い手で盲目ながらも鬼殺隊最強の柱です。

ある出来事が原因で人間不信に陥りました。

鍛え上げられた肉体は上弦の壱・黒死牟も認めています。

戦闘力だけでなく腕相撲も鬼殺隊最強です。

f:id:yonjyoudansi:20181119180102j:plain

鬼殺隊入隊の経緯

鬼殺隊入隊前は身寄りのない子供たちを集めてお寺で共同生活を送っていました。

ある日、子供の裏切りによって鬼の襲撃を受けます。

行冥は一人の幼子を守るため渾身の力で夜通し鬼を殴り続けてなんとか生き延びます。

しかし助けたはずの子供の虚偽の証言により奉行所に殺人容疑を掛けられ処刑寸前まで追い込まれます。

その時に産屋敷の助力によって解放され鬼殺隊に入隊します。

(単行本で子供は嘘をついていた訳では無いが奉行所には伝わらなかった事が言及されています。)

行冥の人間関係

子供たちに裏切られてから人間不信に陥り、当初は炭治郎や禰津子たちの入隊も認めていませんでした。

後に行われる柱稽古にて炭治郎のまっすぐな性格を知ると鬼殺隊隊員として認めました。

鬼食いをしていた玄也の身体を心配して一緒に行動していた時期もあります。

鬼をお寺に招き入れた子供は善逸の兄弟子にあたる獪岳であると言及されています。

日柱・継国縁壱

f:id:yonjyoudansi:20190917075943j:plain
400年前に無惨を追い詰めた歴代最強の剣士です。炭治郎の夢や鬼たちの回想・記憶に登場した最強の剣士「継国縁壱」。日の呼吸の使い手で類まれな才能で指導者としても優れ数々の呼吸を生み出しました。上弦の壱・黒死牟(継国巌勝)の双子の弟で黒死牟いわく「神の寵愛を一身に受けている」との事。兄の巌勝は弟に嫉妬し鬼落ちしてしまいました。
f:id:yonjyoudansi:20190917075950j:plain
縁壱の後悔
優れた功績を残し鬼殺隊の戦力向上にも大きく貢献した縁壱ですが。本人は「大切なものを何一つを守れず」「為すべきことを為せなかった」と自責の念を抱えています。この言葉の「大切なもの」が兄の巌勝を鬼落ちさせてしまった事を指し、「為すべきことを~」は無惨を仕留め損ねてしまった事と考えられます。
f:id:yonjyoudansi:20190917075927j:plain

語り継がれる伝説
縁一の強さは伝説として継承されています。

刀鍛冶の里にあった絡繰人形には縁壱零式と名付けられ、縁壱の動きを再現するために六本の腕を付けました。

痣が発現すると25歳までしか生きられませんが縁壱だけは80を過ぎても生きていました。

原作で縁壱が柱であったと明言はされていませんがその強さから柱であった事は間違いないと思われます。

f:id:yonjyoudansi:20190917075934j:plain

呼吸について

f:id:yonjyoudansi:20180326093854j:plain

呼吸とは
鬼殺隊の隊員は特殊な呼吸法を用いて身体能力を向上させる事ができます。

中でも全集中の呼吸は大幅に能力を向上させますが、この全集中の呼吸を日常的に行う事を常中と言います。

呼吸は様々な系統に分かれていて、なかでも「日の呼吸」は始まりの呼吸とよばれ全ての呼吸の原点とされてます。

炭治郎の身に着けている耳飾りは日の呼吸の使い手の証です。

呼吸の派生元について

日の呼吸の下に「炎」「水」「岩」「雷」「風」と呼ばれる基本の呼吸が位置しており、どの時代にも炎と水の呼吸の柱がいました。

日→「炎・水・岩・雷・風」の5つの呼吸に派生。

風の派生が霞。

水の派生が花と蛇。

花の派生が蟲。

雷の派生が音。

炎の派生が恋。

恋の呼吸は派生についてはファンブックで言及されているのですが蜜璃独自の呼吸です。蜜璃はもともとは煉獄さんの継子だったのですがオリジナリティあふれていた為に恋の呼吸の使い手として独立したようです。

伊之助の獣の呼吸もファンブックで語られていますが、オリジナルの型で風に近いとの事です。師匠なしで呼吸法を編み出した伊之助は真の天才かもしれませんね。

ジャンプ本誌や単行本でも明かされていない秘密が満載のファンブックは好評発売中です。

【在庫あり/即出荷可】【新品】鬼滅の刃 公式ファンブック 鬼殺隊見聞録 (1巻 全巻)

価格:990円
(2019/10/9 17:20時点)
感想(0件)

呼吸の系統と日輪刀の色について

「炎」=「赤」
「水」=「青」
「雷」=「黄」
「岩」=「灰」
「風」=「緑」
「霞」=「白」

炭治郎の日輪刀は黒。黒い日輪刀の剣士は出世しないと言われているそうですが黒は日の呼吸の使い手なのでしょうか。

「黒」=「日」?

当主・産屋敷輝哉について

f:id:yonjyoudansi:20190910104518j:plain

鬼殺隊を率いる産屋敷輝哉は病魔に侵されていて作中でも病状は悪化していきます。

病魔の原因は一族から鬼を出した事が要因として挙げられていて「鬼舞辻無惨」は産屋敷の一族です。

産屋敷は一族の汚点である「無惨」の討伐を目的として鬼殺隊の運営をしています。

無惨の考える永遠が不死の生命に対し産屋敷は人の想いこそが永遠であると主張しています。

そして理不尽に大切な人の命を奪い続けた無惨に「誰からも永遠に許されていない」と伝えています。

f:id:yonjyoudansi:20170627173936j:plain

鬼殺隊での柱の評判

産屋敷耀哉」は柱について作中で次の様に語っています。

「鬼殺隊の柱達は当然抜きん出た才能がある」

「血を吐くような鍛錬で自らを叩き上げて視線をくぐり十二鬼月をも倒している」

「だからこそ柱は尊敬され優遇される」

ちなみに隊員からは「すっげえこわい」と言われています。

f:id:yonjyoudansi:20170627174655j:plain

柱稽古について

f:id:yonjyoudansi:20181029095606j:plain

十二鬼月上弦との激戦が続き更なる戦力の増強を必要とした鬼殺隊が柱主導による訓練を実施。

 

殆どの隊士が一丸となって参加しました。

柱稽古の内容
宇随天元→基礎体力向上訓練

 

時透無一郎→高速移動

 

甘露寺蜜璃→柔軟

 

伊黒小芭内→障害物を避けながら伊黒に攻撃を当てる訓練

 

不死川実弥→打ち込み稽古

 

悲鳴嶼行冥→滝に打たれる・丸太を三本担ぐ・岩を一町先まで運ぶ

 

富岡義勇・胡蝶しのぶ→柱稽古不参加

 

柱稽古にある隊士たちが継子がいない理由についてこう語ります。

 

「しんどすぎてみんな逃げちゃう」

「柱との違いに打ちのめされて心が折れる」

柱稽古は隊士たちも音を上げるハードな訓練です。

 番外・柱腕相撲ランキング

単行本の11巻では柱の腕力の強さを測る目安として腕ずもうランキングが掲載されています。

1位は岩柱・悲鳴嶼行冥、2位は音柱・宇髄天元、3位は炎柱・煉獄杏寿郎です。

f:id:yonjyoudansi:20190826224230j:plain

痣について

f:id:yonjyoudansi:20190826224322j:plain

鬼殺隊の隊員の中には稀に鬼の模様に似た痣が発現する事があり身体能力が大きく向上します。

ある世代では隊員の一人に痣が発現するとその仲間たちにも次々に痣を持った者が現れたそうです。

痣の発現には「心拍数を200以上」にして「体温は39度以上を保つ」この状態で死なないことが条件です。

ただし痣が発現したものは25歳以上生きることが出来ないと言い伝えられています。

鬼殺隊の位の意味

鬼殺隊の階級に使われている「甲乙丙…」は十干とよばれ暦の表示などに用いられます。

十干は、日本や韓国、中国などの漢字圏において、ものの階級・等級や種類を示すために使われることもあります。

つまり元々、十干が位付けに使われる事は珍しくはないようですが十干について面白い記述がありました。

古代中国「殷」においては10の太陽があると考えられていてその一つ一つに付けられた名前が十干だというのです。鬼殺隊に付けられた階級の名称が鬼の弱点である太陽からきているのは面白いですよね。

引用元:十干 – Wikipedia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です