【スイッチ】ゲームはDL購入がトレンド!ダウンロード版のメリット教えます

ゲームをダウンロードして買う人ってホントにいるの?

任天堂の決算報告で3本に1本はダウンロードでゲームが買われていると公表されましたね。

米田

 

今までゲームはお店で購入するのが当たり前でしたがここ最近ではダウンロード版の販売本数が伸びています。

2019年10月の任天堂の決算資料によるとゲームのダウンロード比率は36%を超え昨年度の25%を10ポイントも上回っています。

 

 参考資料:任天堂第80期第2Q決算資料  

このことから多くのユーザーが普通にダウンロード版でゲームを購入する時代になったと考えられます

 

それではパッケージ版とダウンロード版の特徴とダウンロード版で購入する場合の注意点をご説明します。

 

あわせて読みたい
スイッチ用のSDカードを厳選しました。

スポンサーリンク

パッケージ版の特徴

中古品として売買が可能でコスパが出しやすいが物理的なリスク(紛失・故障)があります。

 

コスト面でメリットを出しやすいのがパッケージ版です。

 

新品でも店舗の割引が効いて安値で買える

 

店舗購入特典のグッズがつく事がある

 

中古での売買が可能

 

物として残る

 

パッケージ版のデメリット
物理的な弊害が起こるのがデメリットです。

 

ゲームカードの読み込み不良のリスクがある

 

収納スペースを必要とする

 

売り切れなどで買いたいときに買えない場合がある

 

パッケージ版ゲームの売却価格をしらべました。

[/box]

ダウンロード版の特徴

コストはかかるが快適に遊ぶことができます。

 

ダウンロード版のメリット
快適にゲームで遊べるのがダウンロード版のメリットです。
スマホからゲームをダウンロードできる

 

ゲームカードを入れ替える手間が省ける

 

ゲームの読み込みがパッケージより早い

 

収納スペースが不要で紛失の心配がない

 

ダウンロード版のデメリット
ゲームのダウンロードにネット環境が必要です。
基本的には定価販売で購入特典が少ない
中古での売買は出来ない

本体の空きメモリーが必要

ダウンロードに時間がかかる

ダウンロード版を購入する場合の注意点

ダウンロード版はゲームカードの差し替え不要でロード時間も早いのでとても快適です。

 

さらに収納スペースを気にせず紛失のリスクもないので持ち運ぶにも便利です。

 

セールイベントの実施や、割引に使えるゴールドポイントがたくさん貰える等コスパも良くなってきています。

 

今やゲームはダウンロードするのがトレンドなんです。

 

しかし注意するべき点は本体のメモリー容量の少なさです。

 

気になる方は本体メモリーの残量を確認してみましょう。

本体メモリーの確認の仕方

①ホーム画面の下の設定を選びます。

②設定の項目からデータ管理を選ぶと右側に残量が表示されます。

③さらにソフトの詳細管理を選ぶと何のゲームがどれだけメモリーを消費するか表示されます。

メモリが足りないと感じたら

SDカードを使ってメモリ増設をしましょう。

 

本体の更新などで何もしていなくてもメモリーは15GBほど消費します。

 

これではスプラトゥーンとスマブラの2本ダウンロードするだけでメモリーオーバーです。

 

最低でも64GB、できれば128GBあると安心ですね。

 

1年前は8000円以上した128GBのSDカードも今では2000円程度まで値下がりしているのでお求めやすくなっています。

 

 

SDカードを本体に挿入するだけで簡単にメモリーの増設が出来ます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です