【費用公開】フォトウエディングで結婚式を挙げる場合の期間や段取りなど

派手な結婚式を挙げたいわけではないし彼にも負担はかけたくないけど…でもウエディングドレスは着てみたいなぁ
結婚式ってお金もかかるし友達も少ないからやりたくないなぁ…でも彼女にドレスは着せてあげたいな

「そういう事ならフォトウエディングはいかがでしょう!!」

私たちの場合は(私の)歳が40歳近くで友達呼ぶのも面倒だったのと妻は再婚だったので式を挙げる予定はありませんでした。

しかし、妻は初婚の時に式を挙げておらずドレスを着てみたいとの希望でフォトウエディングの形式で挙げました。

これからフォトウエディングを挙げてみたいと考えている方に向けて式までの流れや費用などを公開していきます。

スポンサーリンク

一般的な結婚までの流れ

f:id:yonjyoudansi:20161204130045j:plain

世間の一般的な結婚の流れを調べました。

プロポーズ→両親への報告→結婚式場選び(その他段取り)→入籍→結婚式

この形で事が進んでいくのが一般的です。

プロポーズから結婚式まで半年以上の準備期間を必要としていますね。

式場選びから来賓まで神経を気を使う事が多いので面倒という方も多いですね。

フォトウエディングの場合

f:id:yonjyoudansi:20161204130353j:plain

私たちは両親に結婚の報告してから式を挙げるまでに約3か月の期間を要しました。

当初、式場選びでは写真館で撮影することを考えていました。

話し合いの中でお互いの両親の顔合わせはしっかりやると決まり、撮影だけでなく食事会も一緒に出来るような場所を探しました。

30万くらいの予算で挙げられる式場」で検索して話を伺いにいきました。

最初に伺ったときにどういう形の式を挙げるかをプランナーさんとお話しをします。

その際に「少人数での撮影と食事の出来る式」と提案をすると「大体30万くらいになります」と返答を頂きました。

実際のアルバムや式の様子などを映像で見せていただき、諸条件が良かったので話を進めました。

当日までの進行と予算

30万円の見積りで式までの2か月間に4回の打ち合わせをしました。

初回の打ち合わせ前に50,000円の手付金を支払いました。

打ち合わせ1回目

初回の打ち合わせはドレスの選定です。

当日に着るドレスをタブレットを見て選んでいきます。

当初の30万円のプラン内だと選べるドレスの種類が少なく、妻の希望したドレスは追加料金が必要でした。

ドレスを着た花嫁がフォトウエディングのメインなので、ここには追加料金を払って希望のドレスを選択しました。

私の衣裳も追加料金を払って気に入ったデザインの衣装にしました。

打ち合わせ2回目

2回目の打ち合わせは前回、タブレットで選択したドレスの衣装合わせです。

衣裳を実際に着てみて違和感はないかなどの確認をします。

妻はそのあと、髪型の打ち合わせがありました。全部合わせて2時間ほどで終了です。

入籍

2回目の打ち合わせ後に入籍しました。

この時までは入籍は結婚式の後にやるものだと思っていましたが式前にやるみたいです。よく考えれば当たり前ですね。

映画とかでは花嫁を結婚式の最中に奪って逃げるシーンがありますが既に入籍していたら意味ないのでは…等と思いました。

結婚指輪の購入

f:id:yonjyoudansi:20161204125445j:plain

入籍後に結婚指輪を購入しました。

私たちは婚約指輪は買わなかったので指輪交換はしませんでした。

一般的に結婚指輪はシンプルなデザインのもが好まれます。私たちはペアで30万くらいの指輪を購入しました。

指輪は購入してから出来るまで3週間ほどかかります。

私は買ったらすぐに出来る物だとのんびりしていたので妻にせかされました。

打ち合わせ3回目

3回目はより具体的な式の打ち合わせです。

式場は一階がパーティ会場で2階が疑似チャペルになっています。

オプションを使うと神父を呼ぶ事もできます。

食事会の食事やテーブルの装飾、引き出物の選定など内容を詰めていきます。

打ち合わせ4回目

最後の打ち合わせで司会者と進行の確認をしました。

テーブルの装飾の打ち合わせお花屋さんと行います。

司会者を呼ばなかったり装飾にこだわらなければやる必要はありません。

当日は司会者はいた方が進行がスムーズに進みますし装飾も見栄えがよくなるのであっても良いと思います。

撮影会&食事会

式の当日は午前中に撮影を行い午後から食事会を開催しました。

撮影までの間、会場に飾られたボードに自由に絵を描くことができます。

手作り感があってフォトウエディングの魅力だと思いました。

撮影が始まるとカメラマンさんがべた褒めしてくれるので芸能人やモデルになった気がしました。

家族も一緒に撮影してくれるので、より思い出深いものができます。

メイクなども含めて3時間かけて行いました。

撮影後に食事会を行い2時間ほど歓談して終了です。

式の10日以内に代金の残金を振り込みします。支払いが遅れるとアルバムは作ってもらえなくなってしまうので気をつけましょう。

実際にかかった費用

3回目の打ち合わせの際に最終的な請求額が決定しました。

私たちは食事会11人参加のウエディングアルバム12ページの仕様で決定しました。

予算30万円に対して最終的な費用は57万円(税抜き)で決まりました。

オプションなどを申し込んでいたのでフォトウエディングは想定していた金額の2倍近い費用になってしまいました。

加えて指輪などの購入もあったので100万円くらいかかりました。

感想と注意点

f:id:yonjyoudansi:20161204123637j:plain

 

式が終わってから3か月くらいでアルバムが届きました。

アルバムの完成度も高くフォトウエディングをやってよかったです。

 

私たちは両親の顔合わせもしたので食事会もやりましたが写真撮影だけでも十分楽しめます。

注意点としてアルバム作成は10万円くらいで作れますがそれは最低ラインです。

私たちもそうでしたがオプションをつけると際限なく予算を超えていきます。

オプションの内容は必要な事、必要のない事はしっかりと考えてから申し込みましょう。

とは言え一生に一度あるかないかのイベントなので予算を超えてもドレスは希望の物を選んだほうが良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です