ファイアーエムブレム風化雪月・仲間たちのその後まとめ

※タイトル通り風化雪月のネタばれ記事です。ネタバレしたくない方はバック推奨します。

スポンサーリンク

仲間たちは戦争後の世界でどう生きていったのか?

「クリア後の仲間たちがどうなったのか知りたい」

ファイアーエムブレムシリーズではエンディングで主人公と仲間たちのその後が紹介されるのが恒例でそれを楽しみにしている方もいらっしゃいますよね?

しかし今回は4つのクリアルートがあり登場するキャラのカップリングも膨大で全部を知ることは難しい。

そこでこの記事では私のクリアした帝国ルート(赤)と王国ルート(青)のその後を紹介します。同盟ルート(黄)は現在攻略中なのでいましばらくお待ちください。

また同じ学級でもクリア時の支援値や親密度などによってカップリングが変わるという噂がありますので同じクリアした方でも違いを確認してみると面白いかもです。

赤鷲の学級ルート

最初にクリアしたのが赤鷲の学級です。

エーデルガルトが清濁飲み込みながらもフォドラ統一を目指すルートです。

物語の途中で重大な決断を迫られることがあり赤ルートのみ二つの結末が用意されています。

主人公の結婚相手

f:id:yonjyoudansi:20190901032517j:plain

f:id:yonjyoudansi:20190901033027j:plain

初回の結婚相手にはドロテアちゃんを選びました。

戦争後の世界では帝国の新たなる障害であった闇に蠢くもの達との戦いが続いたようですがドロテアは表立って戦う事はなく影で主人公を支えて過ごしました。

作中では平民出の自分の生活を安定させようと貴族との婚活に励む打算の強い一面がクローズアップされていて良い印象を持たない男性もいたのではないでしょうか。

ユニットとしては優秀で特に魔法攻撃が強力でしたね。

赤鷲の学級の生徒たち

f:id:yonjyoudansi:20190901033051j:plain
エーデルガルトとヒューベルト

この二人は自立した統治を目指して尽力したようで後継者が見つかってからは退任して二人で過ごしたとの事。恋人同士っていうよりビジネスパートナーみたいですね。

悩みながらも戦争をしかけるエーデルと陰で支えるヒューベルトの二人のやり方は好きでは無かったのですがフォドラの未来を思う二人の気持ちは本物だったと思います。

ユニットとしては優秀でエーデルガルトは完全にゴリラでしたね。

f:id:yonjyoudansi:20190901033115j:plain
フェルディナントとベルナデッタ

ベルナデッタはエーギル家に嫁ぎ夫婦で領内の発展に貢献しフェルディナントは宰相の座に就きフォドラを駆け回ったのだとか。一方のベルナデッタはエーギル領内に引きこもって幸せに過ごしたようです。

ベルナデッタも可愛かったのでドロテアとどっちにしようか最後まで迷っていました。フェルディナントは作中で大きく精神的な成長を果たし一部と二部では印象が変わりました。

赤鷲のなかではどっちも好きなキャラなのでお似合いだと思います。

f:id:yonjyoudansi:20190901032531j:plain
カスパルとリンハルト

次男ゆえに家から財産を譲り受けることが出来ず武功をたてようと励むカスパルと自由気ままに生きたいと願うリンハルトのカップリング。

戦争後はフォドラを飛び出して冒険家として活躍し伝記にもなったそうです。

ユニットとしてカスパルはあまり使わなかったですね。リンハルトはワープと回復が優秀でした。後半は魔法キャラが強いですね。

f:id:yonjyoudansi:20190901033131j:plain
ペトラ

フォドラの言葉が未熟でしゃべり方がややこしいペトラ。祖国ブリギットから来賓という建前でフォドラにやってきた彼女はアドラステアからの独立を夢見ています。

戦争後は望み通りブリギットに戻りアドラステアから独立し両国の和平の為に活躍したようですね。

作中ではブリギットとアドラステア同士の過去因縁の中で、未来への和平を夢見ながら帝国の戦士として戦う様がかっこいいなと思いました。

カップリングがないのは単独でも強いので単独行動メインで支援値が上がりにくいかったのが要因かもしれません。

他学級からのスカウトメンバー

f:id:yonjyoudansi:20190901032554j:plain
フェリクス

スカウトメンバーの一人フェリクス。

青ルートをやらないと彼の本当の優しさには気づけないのですが第一印象は戦闘狂ですね。

祖国を失った彼は戦争後は辻斬りのような存在として戦場に現れていたようです。

ユニットとしては言動通りの強さで戦場で大いに役立ちました。

f:id:yonjyoudansi:20190901032542j:plain
シャミア

レアに恩義を返すために戦う傭兵のシャミア。

初見の時は私の理解力不足もあってどういう立ち位置の人なのか分かりませんでした(笑)

戦争終了後は義賊として立ち回っていたようです。

ファイアーエムブレムは弓が強いですが、シャミアは射手としての優秀さもあって最後まで大活躍してくれましたね。

f:id:yonjyoudansi:20190901032611j:plain
リシテア

金鹿のクラスメイトのリシテアですがクロード達との交戦中になぜか仲間になってくれました。

戦争終了後は祖国復興後に消息を絶ったそうです。

初回プレイでかつ、2部からの参戦メンバーだったのでストーリー上では特に思い入れはないのですが闇魔法が強力で意外と使えたなと。

多学級の生徒の支援会話ではフォドラの闇が垣間見えて2週目、3週目を遊びたくなる作りは秀逸ですね。

f:id:yonjyoudansi:20190901103453j:plain
ハンネマン

紋章おじさんのハンネマン。

一見すると説教臭いおじさんですが本当に説教臭いおじさんで草。

外伝でのマヌエラとの掛け合いは結構好きでカップリングあるかなと思いましたがほとんど戦場にださなかったせいかカップリングなし。

戦争後は研究者としては成功したようで何よりです。

f:id:yonjyoudansi:20190901032836j:plain
マヌエラ

士官学校の先生であり歌劇団時代のドロテア先輩。

いつも男を追いかけていてフラれているという印象で歌劇団の歌姫ってそういうポジションなの?って誤解をしてしまいます。

戦争後、結婚は叶わぬも幸せな人生を送れたそうで何よりです。

スポンサードリンク


青獅子の学級ルート

赤鷲をクリアしてエーデルガルトとディミトリの関係性が気になったので2週目は王国を選択しました。

王国編ではエーデルガルトとディミトリの対立を軸に過去に王国で起こった不可解な事件の真相にせまっていくルートです。

クリアして思ったのは最初に青ルートで遊んでいたら世界観を理解しきれていなかったと思うので赤ルート後に選んで良かったかなと思います。

赤ルート以上に戦争の悲惨さにクローズアップしたシリアス度が高い物語は心に響くものがありました。

主人公の結婚相手

f:id:yonjyoudansi:20190901033008j:plainf:id:yonjyoudansi:20190901103504j:plain

2週目は女主人公でプレイしました。

ディミトリとの結婚を考えていたのですが主人公がいなかった場合のディミトリの行く末を見たくなって急遽ソティスとの結婚をしました。

ソティスを選択すると最後かなりデレるので今までと違った一面を見る事ができます。

青獅子の学級の生徒たち

f:id:yonjyoudansi:20190901032849j:plain
ディミトリとイングリット

このカップリングには正直、意表を突かれました。

ディミトリはドゥドゥーと王国再建に尽力すると思っていたし、ドゥドゥーのディミトリへの忠義を考えるとイングリットじゃなくても他の生徒たちが入り込む余地があったのか?という感じです。

イングリットもアッシュといい感じだったしあれあれ?って感じもしますが、復興を目指す国王と王を支える騎士というイングリッドの念願が叶った形のハッピーエンドです。

f:id:yonjyoudansi:20190901032925j:plain
シルヴァンとフェリクス

男の友情枠ですね。

フェリクスはディミトリを猪よばわりする一匹狼、シルヴァンは女の尻を追いかけるナンパ者と正直、青獅子大丈夫かという心配の尽きない学級でした。

支援会話で垣間見えるフェリクス、シルヴァン、イングリットの三人のつながりが物語の進行と共に深まっていくのがグッときましたね。

戦争後、互いに親の領地を継ぎ多忙ながらも友情が消える事無く晩年を迎えたとの事。

f:id:yonjyoudansi:20190901032624j:plain
ドゥドゥーとアッシュ

あれあれカップリング。料理という共通の特技を通して文化交流を広げていく様に好感を持てました。

戦争後、アッシュの宿屋ではダスカー料理を振る舞いファーガスとダスカーの親交に大きく貢献しました。

ただアッシュはイングリットと仲良かったし、ドゥドゥーはディミトリだろって感じだったから残り者で合わさった感が否めませんなぁ。

f:id:yonjyoudansi:20190901032651j:plain
メルセデスとアネット

慈愛のメルセデスと明朗なアネットの女の友情枠。

この二人のカップリングは納得感がありますね。

支援会話の途中で二人が決裂してしまって時は「おいおい~」って心配したものですが…

二人の感じが微笑ましかったので食堂での食事も意図的に一緒にしていましたし、食事も特定の組み合わせだと会話内容が変わるのが作り込んでいるなぁって感心したものです。

戦争後、お互いに仕事を持ちながらも文通をしながら交流し、晩年は一緒に暮らしたとの事。

他学級からのスカウトメンバー

f:id:yonjyoudansi:20190901032704j:plain
マリアンヌとヒルダ

どう考えても合わなそうな二人が最後にゴールイン?

戦争後は装飾品作りに励むヒルダをマリアンヌがスポンサーという形で支援し大成功を収め、ヒルダがマリアンヌに送った最初の装飾品は国宝として扱われる。

他学級の生徒なので人物像の背景は深くは知らないのですが、二人のその後はかなり良いですね。

支援会話だとマリアンヌは根暗でポンコツなんですがユニットとしては相当強いですよね。特に封魔魔法のサイレスはかなりり使えました。

ヒルダは帝国ルートだと仲間にできなかったので青獅子では積極的に使いました。重装兵を一撃で粉砕する様が爽快です。

f:id:yonjyoudansi:20190901032716j:plain
シャミアとツィリル

帝国ルートで仲間に出来ないツィリルですが私は正直、陰気で好きでは無いですね。

パルミラ人って作中ではあまり良く描かれていないので印象悪いかな。

シャミアとツィリルは異国育ちで弓の師弟関係もありますし二人は戦争後、義賊として活躍しました。

f:id:yonjyoudansi:20190901032759j:plain
フレン

セテスの娘のフレンですがカップリングからあぶれてしまいました。

最初は主人公の副官として成長させていたのでカップリングするなら主人公かセテスだったんでしょうが、偉そうなのでなんか好きになれずに使いませんでした(笑)

セテスのその後の撮影を忘れてしまったのですが戦争後は方向性を変えたみたいで安心です。

フレンの正体は私のプレイではハッキリと明かされなかったのですが親交深めたら分かったのかな、なんとなくは分かっているんですけど。

ユニットとしては踊り子にしたんですがちょっと失敗だったかなという、使いどころが難しい。

彼女の後日譚は意味が分かると怖い話みたいですね。

f:id:yonjyoudansi:20190901103513j:plain
カトリーヌ

王国ルートではカトリーヌも仲間に加わります。

カトリーヌだけではないですが敵として相対するか仲間として共闘するかで印象はだいぶ変わりますよね。

最初からソードマスターの職に就いていますがナックル攻撃も強力!しかし女キャラはグラップラー系職種にクラスチェンジできないっていう…

戦争後もレアに忠義を尽くし赤き谷のザナドの守護者として語り継がれています。

f:id:yonjyoudansi:20190901032745j:plain
ギルベルト

アネットの父で王国ルートの物語の進行役という印象です。

騎士団キャラというか年配キャラはジェイガンのトラウマを思い出してイマイチ使いたくないっていう(笑)

戦争後、ギルベルトは余生を穏やかに過ごしたとの事。

f:id:yonjyoudansi:20190901032939j:plain
イグナーツ

気まぐれでスカウトしたイグナーツですがシャミア、アッシュ、ツリィルと射手が三人もいたのでベンチ要因として終わりました。

特に支援会話もせずなんだこの眼鏡って感じでしたが同盟で遊ぶときには重用します。

戦争後は念願かなって画家へと転身しました。

f:id:yonjyoudansi:20190901032953j:plain
ドロテア

帝国ルートでは主人公と結婚したドロテアですが王国ルートではイグナーツ同様にベンチ要因。

戦争後は歌劇団にもどり歌姫と活躍、後進に道を譲った後は一般男性と結婚。

ドロテアはどう転んでも結婚できるみたいで、女子力、コミュ力ともに高いですね。

f:id:yonjyoudansi:20190901033131j:plainf:id:yonjyoudansi:20190901032611j:plainf:id:yonjyoudansi:20190901103453j:plainf:id:yonjyoudansi:20190901032836j:plain

ペトラ、リシテア、ハンネマン、マヌエラは帝国ルート同様の結末を迎えました。

リシテアは結構使ったのだけど…同盟編では誰かと添い遂げさせたあげたいです。

まとめ

支援会話をフルボイスキャンセルなしで聞いているのでノーマル、クラッシックでクリアまで70時間程度かかりました。

ルートを変えて違った立場、位置から見ることでフォドラの全容が明らかにされていく過程が良くできているなと感心せざるを得ないですね。

帝国ルートでなんとなく聞いた「ダスカーの悲劇」が王国では大きな意味を持っていたり、一つのルートだけでは解明されない謎があったりと上手に周回させる作りが見事です。

王国しかやらないとエーデルガルトはクズにしか見えませんが帝国ルートでは彼女の苦悩を知ることが出来たり。

私はこれから同盟ルートに取り掛かりますが1ルートだけでは勿体ないゲームですよね。

ま、まぁ学園編をまたやるのは辛いかなという気持ちもありますが(汗)…あと主人公は自分と同じ性別にしたほうが良いですね。

同盟ルートクリアしたらまた追記しますのでご期待ください。

Nintendo Switch Lite ターコイズ

価格:21,578円
(2019/9/1 13:01時点)
感想(0件)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です