【生者の行進第14話】ごめんの意味

幽霊より怖いのは人間…恐怖が背後から忍び寄るサスペンスホラー・生者の行進

スポンサーリンク
作品名:生者の行進
作者:みつちよ丸
連載期間:少年ジャンププラスにて2017年10月20日〜連載終了(完結)
単行本:全3巻(2018年11月2日3巻発売)

生者の行進13話はこちらからどうぞ
www.40-game-life.com

スポンサーリンク


第14話「ごめん」

東雲は水戸を公務執行妨害の現行犯で逮捕した。

外の騒がしさに気づいた泪とまどかが窓から外を覗いてみると東雲が水戸を逮捕した様子が窺えた。

まどかに「知ってる人?」と尋ねると「あれはお兄ちゃんの友達の…また来ていたんだ…」と戦慄する。

東雲が水戸を逮捕したことで解決したのか?しかしまどかに憑き纏う悪霊はその姿を消してはいなかった。

f:id:yonjyoudansi:20190109175310j:plain

東雲は姉の霊に視線を向けると寂しそうな顔をして首を横に振った。

間違い―

一方、まどかの家に誰かが入ってくる。

「お兄ちゃんかな」まどかがそう言って玄関に向かおうとするが泪が静止して「僕が見てくる」と一言。

その言葉に喜びをかみしめるまどか。

家に来ていたのはまどかの兄の浩二だった。

着替えを取りに来たという浩二にまどかは尋ねた。

「せいなさんの妹…あつこちゃんは見つかったの?」

「さっき警察から連絡があってあつこに似た死体が川で見つかってせいなの両親が身元確認に行っている…」

浩二は険しい顔をして答えた。

そして―

「せいなが一人で家にいるからよ…誰かがそばにいてやらなきゃ」

「悪いが俺はすぐに出ていくが泪がいるなら大丈夫だろ?」

(あれ珍しく泪に絡んでこない?)まどかが不思議に思うと…

f:id:yonjyoudansi:20190109175325j:plain

部屋に戻ったまどかと泪は兄、浩二のアルバムをみながら水戸の写真を指差した。

「これが水戸則夫…さっき捕まった人。」

「おにいちゃん中学までは荒れていたでしょ?でも高校に入って部活を始めてから変わったんだよね」

「部活ってなんだっけ?」泪が尋ねると

「ラグビー部、なんかいいチームに出会えたみたいで特に仲が良かったのがこの4人」

f:id:yonjyoudansi:20190109175333j:plain

f:id:yonjyoudansi:20190109175341j:plain

「お兄ちゃんが1年の時にラグビー部のマネージャーやってたのが、せいなさんでいいトコ見せたくて頑張ったみたい。」

「瞬さんの方がかっこよくてモテるのにね」と不思議そうに話すまどかに「まどかはイケメン好きだもんね」と泪。

泪に「一般論よ」と突っ込み

「わたしなんか4年間ずーーーーーーーっと片思いしてたんだから」

「好きな人の気を惹きたくて好きでもない男ととっかえひっかえ付き合ったわよ」

「笑えるよね」と言ってアハハハハと卑屈に笑うまどか

f:id:yonjyoudansi:20190109175350j:plain

「あれ?私何で泣いているんだろう」

涙をこぼすまどかに泪は戸惑った。

「わたしこのまま死んで後悔したくないからちゃんと言っておくね」

「私はずっと…ずっと…泪の事が…」

f:id:yonjyoudansi:20190109183900j:plain

「そうだよね、泪の子といじめてたし…変な空気にしてごめ―

「そうじゃなくて」遮るように泪は答えた。

「何で苦手なのか考えてみたんだ」

「まどかといると思い出すんだ…トモキの死を…」

「でもそれが本当の理由じゃなかった。本当は怖かったんだ」

「自分の大切なものができるとそれをまた失ったらって考えると…」

「怖くてそれ以上は踏み込んだらダメだって…」

「でも今回の事があってちゃんと向き合ってみたんだ、自分の気持ちと」

f:id:yonjyoudansi:20190109175409j:plainf:id:yonjyoudansi:20190109175419j:plain

「ええーっ」

まさかの泪の告白に驚くまどか。

「もうなんなのよ、泪のくせにまわりくどいのよ」

兄のアルバムを振り上げて泪をボコスカと叩いた。

「いてっ、ごめん」

「今回の事が落ち着いたら僕から改めて言うから」

「だからまどかは死なない」「僕が守る」

泪の言葉に顔を赤らめる。

「もう死んでもいい」

「いや、だめだからっ生きて」

そんなやり取りの最中、まどかが手にしていたアルバムから一枚の写真がひらひらと舞う。

浩二の写真に黒い影が―

そのころ光千代公園ー

「悪かったな、こんなとこに呼びだして」

「いや俺はいいけど、彼女は大丈夫なのか?」

「大丈夫だ、両親が帰ってきてるし、泣き疲れて寝ている」

「大変だったよな、あつこちゃんがまさか死体で見つか「俺は―」

「まだみつかった死体があつこだなんて一言も言ってない」

「瞬」

f:id:yonjyoudansi:20190109175909j:plain

15話はこちらからどうぞ。

www.40-game-life.com

感想

水戸がミスリードなのはわかっていた事でしたがまさかの鮫島が黒幕とは…という感じでしょうか。

とはいえ黒幕暴きがストーリーのメインではなく人間の本質みたいなものが主軸なので黒幕に驚きはしたものの今後どう鮫島が掘り下げられていくのかが気になるところです。

そしてこんな状況でも恋愛脳なまどかも可愛いし、守ると誓った泪もカッコいいですね。

そして物語が進むにつれて株が上がっていく浩二。狂気の鮫島を前に果たしてどう動くのか。

15話はこちらからどうぞ。

www.40-game-life.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です